So-net無料ブログ作成
検索選択
今日のBGM ブログトップ
前の10件 | -

今日のBGM・20071001 [今日のBGM]

先月末までで前職を離れ、今日から新職場での勤務スタート。が、張り切って9時に出社したのに、辛うじて席はあったもののパソコンが無い!Windowsのアカウントが無い!LotusNotesの開発者として出向いてるのにLotusNotesのアカウントが無い!しかも俺の面倒を見る人が出張で居ない!無い無いづくしのスタートでやることが全く無い。10時過ぎにようやくパソコンとWindowsのアカウントを用意してもらったものの、結局やることは1つも無いまま午前中はパソコンのモニターを眺めるだけで終了。フリーの技術者として今まで色んな職場を渡り歩いてきていて初日は暇だと覚悟はしていたものの、ここまで何も無い状態というのは初めてだったので流石に凹む。つうか、何も無いんだったら今日呼ぶなよな。沈んだ気持ちのまま昼飯を食べに外に出かけ、店に入り席についてご飯が出てくるまでボーっとしていた。すると、店内BGMで聞き覚えのある曲が流れてきた。

♪あすなろー サンシャイーン ♪あすなろー サンシャイーン

うわ、電気グルーヴだ!何で今頃あすなろサンシャインなんだ!テンション上がるじゃないか!

つうわけで、突然流れた電気グルーヴのあすなろサンシャインに勇気付けられ、午後も睡魔に耐えてモニターを睨みつけていたら、15時過ぎにようやくお仕事をもらえましたとさ。めでたしめでたし。もし気分が上向くことが無かったら「やること無いなら帰る」って言って帰ってたかもしれないし、実際に午前中はずーっとそんなことを考えてた。電気グルーヴ効果は凄いなぁ。

A(エース)

A(エース)

  • アーティスト: 電気グルーヴ
  • 出版社/メーカー: KRE
  • 発売日: 1997/05/14
  • メディア: CD

 


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

人間椅子ライブ [今日のBGM]

人間椅子ライブに行ってきた、雑感をいくつか。ちなみに人間椅子を生で見るのは初めて。

ライブハウス(!)に入って最初に目に入ったのは、スキンヘッドで白塗りの鈴木さん、ちょっと引く。昔からの人間椅子ファンの俺ですら引いてしまうのだから、全然知らない人があの姿を見たら、ドン引きで帰ってしまいそうな、そんな不気味さがあった。

幸福のねじで和嶋さんのギターテクを堪能。飄々としていながら奏でるギターサウンドは素人でも分かるくらい凄まじかった。

ライブだからと言ってアップテンポの曲を並べるのではなく、桜の森の満開の下、幻色の孤島、見知らぬ世界、相剋の家といったアルバムのラストに入ってる、ミドルテンポでスケール感のある曲が多くて非常に満足。

ナカジマノブさんのボーカルは、人間椅子らしくは無いけど、結構好き。

人間椅子は転調のある曲が多いが、ライブでも見事にリズムを合わせて演奏していて凄かった。ついでに言うと変調の曲も多い。

更には新譜からの曲が多いのは当たり前として、大トリが針の山!たまりませんでした。

トラックリスト
・雷神
・幸福のねじ
・二十一世紀の瘋痴狂
・人喰い戦車
・山椒魚
・桜の森の満開の下
・品川心中
・青い衝動
・幻色の孤島
・見知らぬ世界
・太陽黒点
・孤立無援の思想
・ロックンロール特急
・爆弾行進曲
・恐怖!!ふじつぼ人間!
・愛の言葉を数えよう
・地獄
~アンコール1~
・相剋の家
・???
~アンコール2~
・針の山

アンコール1回目の2曲目、曲名を忘れてしまったので、今から人間椅子のCDを片っ端から聴いていこうっと。知ってる人がいたら教えてください。


(3月11日21時46分追記)アンコール1回目の2曲目は死神の饗宴でした。

♪さあ~祭りのとき~
♪死の~宴のとき~


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日のBGM・20051002 [今日のBGM]

SPARK ARTS

SPARK ARTS

  • アーティスト: KAGAMI
  • 出版社/メーカー: インディペンデントレーベル
  • 発売日: 2005/08/26
  • メディア: CD
 
Golden Tears

Golden Tears

  • アーティスト: BONNIE PINK
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2005/09/21
  • メディア: CD
 
世界はそれを愛と呼ぶんだぜ

世界はそれを愛と呼ぶんだぜ

  • アーティスト: サンボマスター
  • 出版社/メーカー: ソニーミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2005/08/03
  • メディア: CD
WIRE 05 Compilation

WIRE 05 Compilation

  • アーティスト: オムニバス
  • 出版社/メーカー: KRE
  • 発売日: 2005/07/06
  • メディア: CD
サンボマスターは君に語りかける

サンボマスターは君に語りかける

  • アーティスト: サンボマスター
  • 出版社/メーカー: ソニーミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2005/03/24
  • メディア: CD

 
漫才は、まだできません。中身が膨らまないのでボツにする可能性大です。待っている方、すいません。
 
で、小ネタのストックも底を突きかけているので、今日は聴いているCDのリストをまとめてドーン。この土日はあちこち動き回ってちょっと疲れてるので、今日は手を抜きました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日のBGM・20050724 [今日のBGM]

電気グルーヴとかスチャダラパー(初回生産限定盤)

電気グルーヴとかスチャダラパー(初回生産限定盤)

  • アーティスト: 電気グルーヴ×スチャダラパー
  • 出版社/メーカー: KRE
  • 発売日: 2005/06/29
  • メディア: CD

The 9th Sense

The 9th Sense

  • アーティスト: スチャダラパー
  • 出版社/メーカー: インディペンデントレーベル
  • 発売日: 2004/04/28
  • メディア: CD

Human After All

Human After All

  • アーティスト: Daft Punk
  • 出版社/メーカー: Virgin
  • 発売日: 2005/03/15
  • メディア: CD

GO DJ

GO DJ

  • アーティスト: DJ TASAKA
  • 出版社/メーカー: KRE
  • 発売日: 2005/07/06
  • メディア: CD

Lust

Lust

  • アーティスト: Rei Harakami
  • 出版社/メーカー: ミュージックマイン・アイディー
  • 発売日: 2005/05/25
  • メディア: CD

Planet Shining

Planet Shining

  • アーティスト: m-flo, Verbal, Lisa, Taku
  • 出版社/メーカー: エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
  • 発売日: 2000/02/23
  • メディア: CD

昨日はジェフ対フロンターレを見に行くつもりでいたんだけど、ダラダラと準備をしていたら出発予定時刻を過ぎていることに気づき、まあいいやって気分になって行くのをやめた。そしたら地震発生!もし出かけていても間違いなくどこかで足止めを喰らっていたので、怪我の功名ながら出かけなくて正解だったかもしれない。試合は俺が大好きな選手の巻が、らしくないミドルシュートを叩き込んで1-0でジェフが勝利。むう、複雑な気持ち。

そして強引に音楽の話。自宅で震度4の地震に揺られながら、ワイヤーラックに積み上げているCDの山が崩れないことを祈っていた。あー、ちゃんとしたCD用のラックを買わなきゃなぁ。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日のBGM・20050518 [今日のBGM]

近頃はアクセス数が増えてきている感じなので、ここぞとばかりに私の趣味を広めると同時に押し付けるべく、意識的にコンポの6連奏CDプレーヤーの中身を揃えてみた。

カシス

カシス

  • アーティスト: 井上陽水, 宮崎一哉, BANANA U・G, 大村雅朗
  • 出版社/メーカー: フォーライフミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2002/07/24
  • メディア: CD

UNDER THE SUN

UNDER THE SUN

  • アーティスト: 井上陽水
  • 出版社/メーカー: フォーライフミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 1993/09/15
  • メディア: CD

ショッピング

ショッピング

  • アーティスト: 井上陽水奥田民生, 井上陽水, 奥田民生
  • 出版社/メーカー: フォーライフミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 1997/03/19
  • メディア: CD

ハンサムボーイ

ハンサムボーイ

  • アーティスト: 井上陽水
  • 出版社/メーカー: フォーライフミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 1990/10/21
  • メディア: CD

陽水II センチメンタル

陽水II センチメンタル

  • アーティスト: 井上陽水
  • 出版社/メーカー: ポリドール
  • 発売日: 2001/12/19
  • メディア: CD

二色の独楽

二色の独楽

  • アーティスト: 井上陽水
  • 出版社/メーカー: ポリドール
  • 発売日: 1996/06/26
  • メディア: CD
 
井上陽水ずくし。今回は意識的に揃えてみたけど、6枚全部が井上陽水ということは普通にある。ボックスセットだって持っているし、カラオケは全曲歌える自信あり。で、井上陽水のどこがいいかというと、独特の歌声と独特の世界観を持った曲の組み合わせが絶妙というところかな。・・・うまく伝えられない自分がもどかしいよう。ちなみに今回のセレクションは特に意味なしで、目に付いたもの6枚をさっさと抜き出しただけ。だって全てのアルバムからベストの6枚を選び出す作業を始めたら、全曲聴かないと判断できないだろうし、1日では終わらなさそうな気がしたから。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日のBGM・ヨコタススム/赤富士 [今日のBGM]

Answer (CD+DVD 3万枚限定生産)

Answer (CD+DVD 3万枚限定生産)

  • アーティスト: 東京スカパラダイスオーケストラ
  • 出版社/メーカー: カッティングエッジ
  • 発売日: 2005/03/09
  • メディア: CD

FULL OF ELEVATING PLEASURES

FULL OF ELEVATING PLEASURES

  • アーティスト: BOOM BOOM SATELLITES
  • 出版社/メーカー: ソニーミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2005/03/24
  • メディア: CD

Dublee / Echo Euphoria / Techno

ヨコタススム / 赤富士 / Techno

Human After All~原点回帰

Human After All~原点回帰

  • アーティスト: ダフト・パンク
  • 出版社/メーカー: 東芝EMI
  • 発売日: 2005/03/09
  • メディア: CD

ヴァージョン・シティ・ハイライツ

ヴァージョン・シティ・ハイライツ

  • アーティスト: TANZMUZIK
  • 出版社/メーカー: ミュージックマイン
  • 発売日: 1998/05/21
  • メディア: CD

ヨコタススム / 赤富士 / Techno・・・☆☆☆

1994年にインディーズレーベルのサブライムからリリースされ、現在ではほぼ入手不可能なCDを今更ながら紹介してみる。
私が持っている携帯オーディオプレーヤーには、手持ちのCD約250枚分の曲が入っていて、これらをランダムモードで聴いている。なので井上陽水のあとにハードテクノが流れることがあれば、ヘビーメタルのあとにボニーピンクが流れることもあるが、私は音楽に関しては節操が無いので、こういっためちゃめちゃな順番で曲が流れても全く気にせず楽しめている。また、ランダムモードで聴いていることの理由として、CDの山の中に埋もれている名曲を探し出すというのもあり、毎日聴きまくっていたところ、とうとう凄い曲と出会うことが出来た。それが、ヨコタススムさんが11年前にリリースした赤富士というアルバムの10曲目に入っているalphaville。
この曲は、4つ打ちキックと4つ打ちベース、そして単調なクラップ、スネア、ハットの音が少しずつ重なっては消え、重なっては消えを約9分繰り返す、必要な音を極限にまで削ぎ落としたかなりミニマルなテクノである。この曲が流れ始めたときは、ああ何だか単調な曲が始まったなぁ程度にしか感じなかったけど、徐々ではあるが確実にこの曲が持つ不思議な魅力にはまってしまい、普段はめったに同じ曲を繰り返して聴かないのに、この曲だけは帰りの電車の中で3度も繰り返して聴いてしまった。1度目を聴き終えての素直な感想は、とにかくたまげた。そして家に帰ってきてからはコンポで繰り返しアルバムごとリピートして聴いている。
まず、このCDを持っている人は非常に少ないと思う。更に、このアルバムの中で10曲目のalphavilleが一押しの人は殆どいないのではないだろうか。ということを考えて1人で悦に入っているのだが、と同時にどうして11年間この曲の素晴らしさに気づかなかったんだろう、という後悔の念もあったりする。そして、あまりにも単調なので人には一切オススメできないのが悔しいところである。なので星は3つで留める。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日のBGM・20050325 [今日のBGM]

今の気分はアンビエント、ということで6連奏CDプレーヤーの中身を全部アンビエントにしてみた。
Special Love

Special Love

  • アーティスト: Kaito
  • 出版社/メーカー: Meka Music
  • 発売日: 2004/01/01
  • メディア: CD
POP AMBIENT 2002

POP AMBIENT 2002

  • アーティスト: Various Artists
  • 出版社/メーカー: Kompakt Germany
  • 発売日: 2004/01/01
  • メディア: CD

SCRATCHES

SCRATCHES

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: インディペンデントレーベル
  • 発売日: 1995/11/20
  • メディア: CD
エロス+タナトス

エロス+タナトス

  • アーティスト: master mind
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 1999/04/23
  • メディア: CD
CLASSICS 1

CLASSICS 1

  • アーティスト: HOODRUM
  • 出版社/メーカー: ソニーミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 1996/11/01
  • メディア: CD
CLASSICSII

CLASSICSII

  • アーティスト: HOODRUM
  • 出版社/メーカー: ソニーミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 1997/02/21
  • メディア: CD

オススメは3枚目のScratches。これは10年前にリリースされたアルバムで、まだ携帯プレーヤーが無かったころ、旅に出るときは必ず持ち歩いていた1枚。 夜行列車に乗って、窓の外を眺めながらこれを聞くのが好きだった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日のBGM・Bonnie Pink / Even So [今日のBGM]

So-net Blogはサーバー落ちすぎ。こんなにも頻繁にサーバーが落ちるのなら最初からブログなんてやらないでくれ。サーバーの管理が出来ないのなら出来ないって最初から言ってくれ。さっさと独自ドメインとって引っ越そうと思った。

・UR / Garaxy 2 Garaxy disc 1 / Techno
・UR / Garaxy 2 Garaxy disc 2 / Techno
・サンボマスター / サンボマスターは君に語りかける / Rock
・Dublee / Echo Euphoria / Techno
・Beroshima / The Catastrophe Ballet / Techno
・Bonnie Pink / Even So / Pop

Bonnie Pink / Even So / Pop ・・・☆☆☆☆☆
1.Private Laughter
2.Ocean
3.New Dawn
4.5 more minutes
5.The Answer~ひとつになる時~
6.I just want you to be happy
7.Mint
8.1・2・3
9.Last Kiss
10.Walk with you
11.人生ゲーム
12.Bedtime Story

私がBonnie Pinkを聞き始めたのは2000年にリリースされた「Let Go」から。あるとき友達と待ち合わせをしていて、時間潰しのためにCD店に入り、何となく「Let Go」を視聴してみた。すると1曲目の「Sleeping Child」を最後まで聴ききってしまい、こんなにすんなり入ってくるポップスは初めてだなと思ってその場で買ったのが始まり。それ以来リリースされたアルバムは全て買っているが、この「Even So」はその中で一番良い。しかも単に良いだけでなく、最高傑作と言い切ってしまえるくらい素晴らしい。今までのBonnie Pinkの楽曲は、良くも悪くも淡々とした印象がある。そしてそうすることによって歌声の綺麗さなどを際立たせたり、すんなりと入っていきやすさがあったものの、若干の物足りなさがあったのも事実。また、「Let Go」「Just a Girl」「Present」の3枚はアルバムとしての違いを見出しにくい。そんなこともあって、リリース直後を除くと、6連奏CDプレーヤーの中でメインに聴くCDになることは殆ど無かった。しかし「Even So」では今までの特長である淡々とした楽曲を残しつつも、よりエモーショナルに歌い上げている曲もあって、今までもはるかに感情移入がしやすい。もっともそれは日本語の歌詞が増えたことも影響してるかも。で、お勧めは9曲目の「Last Kiss」、切ない歌詞を情感たっぷりに歌っていて、精神状態が不安定なときにこの曲を聴くと泣きそうになるくらい感情移入してしまう。それ以外にも4曲目の「5 More Minutes」や8曲目の「1・2・3」も大好きで、6連奏CDプレーヤーに入れていて初めてメインとなれるアルバムとなった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日のBGM・Kaito / Special Life [今日のBGM]

・Syntax / Meccano Mind / Techno
・Kaito / Special Life / Techno
・サンボマスター / サンボマスターは君に語りかける / Rock
・Tread / Tread3 / Techno
・Mexico / Forgiveless / Techno
・Ian Pooley / Souvenirs / House

Kaito / Special Life / Techno・・・☆☆☆☆☆
1.Release Your Body
2.Air Rider
3.Inside River
4.Intension
5.Saturday and Sunday
6.Breaking the Star
7.Everlasting
8.Scene
9.Respect to the Distance
10.Awakening [Beatlesstrumental]

KaitoことワタナベヒロシさんがドイツのKompactというレーベルからリリースしたアルバムで、この方はTread名義、Quadra名義でも活動している。ワタナベヒロシさんの作る曲はどれもメロディーが綺麗で、ダンスミュージックなのに哀愁が漂っていて気持ちが穏やかになる。Kaito名義でもその傾向は引き継がれているが、Kompactからのリリースということを意識してか、リズムはキック強めでカッチリしたものになっている。フロアで踊ってよし、家で聴いてよしの好アルバムだと思う。個人的には3曲目のInside Riverが好きで、DJ用にアナログでもこのアルバムを買ったのだが、テンポが遅くてフロア向きではないInside Riverは入ってなかった・・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

今日のBGM・Syntax / Meccano Mind [今日のBGM]

・Syntax / Meccano Mind / Techno
・Kaito / Special Life / Techno
・サンボマスター / サンボマスターは君に語りかける / Rock
・サンボマスター / 新しき日本語ロックの道と光 / Rock
・人間椅子 / 三悪道中膝栗毛 / Rock
・Ian Pooley / Souvenirs / House


Syntax / Meccano Mind / Techno・・・☆☆☆☆
タワレコのハウス/テクノコーナーのポップでよく見かけるのが”アンダーワールド系”。Syntaxもその中の1組。基本的にはテクノなんだけど、4つ打ちではないミドルテンポでロックテイストの曲も入っている。アンダーワールドよりは確実にロック寄り。ただ1曲目の"Pray"はテクノのリズムにトランス系の要素が入っていて、クラブで流れたらめちゃめちゃ踊れることは間違いない。大箱で映えるという意味ではアンダーワールド系か。Prayがめちゃめちゃかっこよくて、それ以外にも2曲目の"Bliss"、7曲目の"Little Love"などはかっこいいが、それ以外のローテンポの曲が個人的にはイマイチかなぁ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - 今日のBGM ブログトップ